新型コロナウィルス感染対策

誠道塾愛知支部 新型コロナウイルス感染症対策ガイドライン

清潔な環境を十分確保した上で、空手の習得が継続してできるようガイドラインに沿ってウイルス感染予防の管理・指導を徹底し、道場生、お子様が安心して通えるようにしてまいります。皆様のご理解とご協力をお願い申し上げます。

基本的な対策
●3密(密閉・密集・密接)対策の徹底
 必要に応じて、クラスの分割・参加制限、リモートクラスの実施などを行う

●生徒間のソーシャルディスタンス(1~2メートル間隔)の確保

●アルコール消毒液などを使用しての衛生強化及び定期消毒
手指・用具・共用部等

*道場内にて
・常時マスクの着用
・消毒液が体に合わない場合は、手洗いで対応
・保護者の稽古見学は不可とする。但し、新規入門希望者の見学はマスク着用において許可

*稽古について
・稽古時間は最大60分とする
・定期的に換気を実施(60分2回以上)
・のどを潤す為、稽古中に水分補給の実施
・身体が触れ合う稽古(組手)については、防具着用にて行い、稽古後に手指、防具の消毒を実施
・気合、挨拶を促すが、大声では行わない

*道場生、保護者へのお願い
以下の場合は稽古の参加を控えること
・体温が37・5度以上ある
・体調不良(咳や喉の痛み、嘔吐、下痢など)
・同居されている方に同様の症状がある、もしくは濃厚接触者がいる場合
・手洗い・うがい・咳エチケットの徹底
・手洗い時の共有タオルは使用しません。手拭き用のタオル・ハンカチを持参のこと

※政府・自治体の方針や要請内容によっては、稽古時間短縮や臨時休講を適宜実施致します
 その際の緊急連絡は支部ホームページ・メール配信などでご連絡します

タイトルとURLをコピーしました